NPO法人 大田家庭教育研究所

    私たちは健全な青少年の育成を目的に講演会、電話相談の活動をしています。
子育て、しつけの基本は家庭です。
いじめ、ひきこもり、上登校、薬物依存、家庭内暴力、親子関係等問題の予防、解決には、
親のあり方について、子供の成長とともに学び、
心豊かな温かい家庭を築いていくことが必要です。
私たちは子育てについて、家庭教育セミナー・プチ講座・講演会・電話相談などにより
支援させていただいております。電話相談は無料で月一回行っております。
講演会は地域ボランテイア団体、その他諸団体、学校、企業などのご依頼で
対応させていただいております。
電話相談、又、各講演会等、皆様の生活の中でご活用頂ければ、幸いに存じます。


    新着情報

      ワンポイントアドバイスを更新しました。(2017年11月13日)
      お知らせを更新しました。(2017年8月25日)



    ご紹介
      NPO法人大田家庭教育研究所所長として、
      健全なる青少年育成のために、小・中学校、高校、企業等で、
      親の教育のための講演を続けている。
      全国カウンセリング協議会認定カウンセラーの資格を持ち、多くの人々の心の改革も行う。
      現在、約250名の家庭教育セミナー生を教育中。
      又、尚徳学園理事として、聖マリアンナ医科大学・坂本堯 名誉教授に、
      哲学、人間学を師事し「家庭教育カウンセラー」の教育を立ち上げている。

             
               講演会で講義する田島所長と会場の様子

    基本理念
      子どもに学ぶを基本として、その子なりの能力でやがて社会に貢献できる人に
      育てるために、子どもの心理発達を知って、その成長に合ったふれあい方を学ぶ。
       
    活動内容
      家庭教育セミナー・プチ講座・電話相談・講演会の開催、またご要請に応じて、
      学校関係、並びに地域諸団体主催に所長、講師がお伺いさせていただきます。

      
               講演会で講義する田島所長


 電話相談
毎月1回、午前10:00〜12:00、午後  1:00〜3:00までです。
相談は無料です。個人のプライバシーは
完全に守りますので、安心してご相談ください。
相談は所長、講師が対応させていただきます。
お子さんのこと、家庭、友人関係などで悩んでいる方、お一人で悩まずに
是非一度ご連絡ください。



電話相談の応対の模様。田島所長と桑野講師

電話番号
03−5754−3785(イーナイヨー ミンナハイ)  か
03−5754−3786(イーナイヨー ミンナハロー)FAX同様

平成29年度 電話相談日
2月3日(金)、3月3日(金)、4月3日(月)、5月8日(月)、
6月8日(木)、7月5日(水)、8月3日(木)、9月5日(火)、
10月3日(火)、11月6日(月)、12月5日(火)

           
10:00〜12:00または13:00〜15:00

お知らせ

☆ 講演会 ☆


2015年1月21日(水)
ケーブルテレビのニュース番組
「デイリー大田」にて、大田家庭教育研究所が紹介されました。

取材の様子





      「大田家庭教育研究所のブログ」


        
           家庭教育セミナー入門コース 第8期生の皆さん     津村教育長さんをお迎えして


        
            田島所長とスタッフ


        
            保育スタッフ ママの強い味方


ワンポイントアドバイス!


秋は運動会や発表会など行事が多いですね。
我が子の晴れ舞台は楽しみです。
そんな時
『○○ちゃんは大きな声でちゃんと言っててよかったけど、
 あなたは小さい声で何を言っているかよくわからなかったわ。』
『△△君くらい頑張らなきゃダメじゃない』
『××ちゃんはよくできるのにあなたはダメね。』
というような事、言っていませんか?
一生懸命 努力してきたのに、他の誰かと比べられてばかりいては
子どもの心は委縮してしまいます。

それよりも
『去年より頑張ってるわね。』
『練習の時より上手になったじゃない。』
『前よりもできるようになったわね』
と、比べるなら 他の誰かとではなくて
その子自身の過去と比べることがポイントです。
子どもは、少しずつでも成長しています。
そこを認めてほめてあげることでやる気にもつながります。

どうぞ お子さんの成長を見つけてほめてあげてくださいね。

--------------------------------------------------------------------------------

長い夏休みも終盤に差し掛かりましたが、お子さんとのふれあいは如何でしょうか?
お子さんも一年の中で夏が一番身体など成長するそうです。
お家にいる事も多くなり、反抗期お子さんの対応はイラッとする事もあるでしょう。

そこでワンポイントアドバイス。
第一反抗期は幼児期がイヤイヤとするのは、自分の欲するままに
食べたい・遊びたいと欲求の現れです。
このころのお子さんはまだ理屈は通用しないので
自分にも反抗しているのであまり気にしなくていいそうです。

第二反抗期は小二〜三年生。この頃は道徳的によい事悪い事がわかってきますが
「よいことをすればよいことが返ってくる」(人を喜ばせる。人のためになることをする)
「悪い事をすれば悪い事が返ってくる」悪い事とは、人に迷惑をかけ人を困らせる事です。
親の都合で叱りつける事はあってはなりませんね!

第三反抗期は中高生は理想我にめざめ(よりよき理想にあこがれる自我の事です)
中高生の接し方はやさしく接し、まずよく話を聞いてあげて、やさしくたずねるとよいそうです。
あまりよくない接し方は、子どもの話を聞かないで命令するのは好ましくないでしょう。
注意の仕方もあります。まず心を汲んで伝えてまず認めてあげる。

とても自分に対して理想を高くもっている年頃なので、よく話を聞いてあげた後に
ここはこうじゃないの!?とたずねることがよいそうです。
お子さんとあとわずかな楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。


    ご依頼など

講演の講師依頼は電話で受け付けます。
TEL 03*5754*3785(イーナイヨー  ミンナハイ)
    03*5754*3786(イーナイヨー  ミンナハロー)(FAX&TEL)
    大田家庭教育研究所宛にお願いします。 

    大田家庭教育研究所