NPO法人 大田家庭教育研究所

    私たちは健全な青少年の育成を目的に講演会、電話相談の活動をしています。
子育て、しつけの基本は家庭です。
いじめ、ひきこもり、上登校、薬物依存、家庭内暴力、親子関係等問題の予防、解決には、
親のあり方について、子供の成長とともに学び、
心豊かな温かい家庭を築いていくことが必要です。
私たちは子育てについて、家庭教育セミナー・プチ講座・講演会・電話相談などにより
支援させていただいております。電話相談は無料で月一回行っております。
講演会は地域ボランテイア団体、その他諸団体、学校、企業などのご依頼で
対応させていただいております。
電話相談、又、各講演会等、皆様の生活の中でご活用頂ければ、幸いに存じます。


    新着情報

      ワンポイントアドバイスを更新しました。(2017年6月15日)



    ご紹介
      NPO法人大田家庭教育研究所所長として、
      健全なる青少年育成のために、小・中学校、高校、企業等で、
      親の教育のための講演を続けている。
      全国カウンセリング協議会認定カウンセラーの資格を持ち、多くの人々の心の改革も行う。
      現在、約250名の家庭教育セミナー生を教育中。
      又、尚徳学園理事として、聖マリアンナ医科大学・坂本堯 名誉教授に、
      哲学、人間学を師事し「家庭教育カウンセラー」の教育を立ち上げている。

             
               講演会で講義する田島所長と会場の様子

    基本理念
      子どもに学ぶを基本として、その子なりの能力でやがて社会に貢献できる人に
      育てるために、子どもの心理発達を知って、その成長に合ったふれあい方を学ぶ。
       
    活動内容
      家庭教育セミナー・プチ講座・電話相談・講演会の開催、またご要請に応じて、
      学校関係、並びに地域諸団体主催に所長、講師がお伺いさせていただきます。

      
               講演会で講義する田島所長


 電話相談
毎月1回、午前10:00〜12:00、午後  1:00〜3:00までです。
相談は無料です。個人のプライバシーは
完全に守りますので、安心してご相談ください。
相談は所長、講師が対応させていただきます。
お子さんのこと、家庭、友人関係などで悩んでいる方、お一人で悩まずに
是非一度ご連絡ください。



電話相談の応対の模様。田島所長と桑野講師

電話番号
03−5754−3785(イーナイヨー ミンナハイ)  か
03−5754−3786(イーナイヨー ミンナハロー)FAX同様

平成29年度 電話相談日
2月3日(金)、3月3日(金)、4月3日(月)、5月8日(月)、
6月8日(木)、7月5日(水)、8月3日(木)、9月5日(火)、
10月3日(火)、11月6日(月)、12月5日(火)

           
10:00〜12:00または13:00〜15:00

お知らせ

☆ 家庭教育講演会 ☆

テーマ『 子どもが伸びるほめ方、叱り方 』

【日時・場所】
6月12日(月)午前10:00〜11:30  大森文化の森 4F 第4集会室
6月18日(日)午前10:30〜12:00  池上会館
6月30日(金)午前10:00〜11:30  大森Luz


〜講演会のお知らせ〜

「子どもの自信を育てて
   不登校・引きこもりを
     予防、改善するには!」

日時:7月16日(日)
    午前10:00〜12:00
場所:池上会館 2階集会室
    東急池上線池上駅 徒歩約7分


2015年1月21日(水)
ケーブルテレビのニュース番組
「デイリー大田」にて、大田家庭教育研究所が紹介されました。

取材の様子





      「大田家庭教育研究所のブログ」


        
           家庭教育セミナー入門コース 第8期生の皆さん     津村教育長さんをお迎えして


        
            田島所長とスタッフ


        
            保育スタッフ ママの強い味方


ワンポイントアドバイス!


ガマンする心を育てるには〜応用編〜

自分の欲しいものを我慢する・・など
我慢する心はこれから生きていくためにとても大切な事です。
子供が「あれほしい」「これほしい」という物を
全部買ってあげていたのでは
大切なガマンする心が育つチャンスを逃してしまいます。

ところが・・・。
お母さんが一生懸命子供に「ダメよ」と我慢させようとおもっても
お父さんが買ってしまう事ないですか?まずは、お父さんと話し合って
家族で教育方針を一つにする事が一番いいのですが
お願いしてもお父さんが怒っていう事を聞いてくれない場合は
どうしたらいいのでしょうか?

ここが家庭教育を学んだお母さんがスキルアップするチャンスです!
こういう時はまず!お母さんは日頃仕事が忙しくて子供と会えないお父さんの
寂しい心を汲んであげる事です。
子供に「何かしてあげたい」と思っても
お休みの日に一緒に何か買ってあげる事以外、愛情を示すことが出来ないのでしょう。
その心を汲んで「有難う!」とまずお母さんがパパに感謝し
そして子供には「パパが買ってくれたのよ!ありがとうって感謝しようね」と
パパの思いを伝え「パパにこんなに買ってもらえてよかったね。
その分お年玉からユニセフに寄付しようね。世界にはまだまだ大変な思いをしている人が
沢山いるのよ」と世界に目を向けられる心を作っていく。
そして自分はその分ガマンする。また他の所でママのエリアで我慢させることもできますね。
スーパーで「あれほしい!」と泣かれても「そう、ほしいよね。欲しいと思うわよ。
でも今日は我慢しようね。次の日曜日にパパに買ってもらおうね」と。
寂しいお父さんの心も満たされ世界の平和にも心が向けられ
そして何より大切な【ガマンする心】も育っていく!

家庭教育を学んだお母さんの知恵!スキルアップしていきましょう!!

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 3才の子と5カ月の子 二人の女の子の母親です。
   下の子に手がかかるので お姉ちゃんには
   しっかりしてほしいと思っています。
   けれど、お姉ちゃんは妹が嫌いみたいで
   よくいじわるをします。母親としては二人仲良くしてほしいと
   思うのですが どうしたらいいでしょうか。

A. 小さい赤ちゃんがいるとどうしてもそちらに手がかかりますよね。
   でもその為お姉ちゃんはママを妹に取られたみたいに感じているのではないでしょうか。
   ママの言葉には魔法の力があります。
   「あなたは妹が嫌いなのね」とか「この子は妹が嫌いなのよね」と
   言っていると暗示にかかって本当に「妹が嫌い」と思うようになってしまいます。
   それより例えばオムツを替える時、お姉ちゃんにオムツを持ってきてもらって
   「ありがとう。やさしいお姉ちゃんね。ほら○○ちゃんもお姉ちゃんありがとうって
   喜んでいるよ。○○ちゃんはお姉ちゃんが大好きなのね」と
   たくさんほめるようにすると お姉ちゃんの心も落ち着くのですね。
   また、下のお子さんはまだ寝ている事が多いと思いますので
   寝ている間は特にお姉ちゃんに愛情をたっぷり注いであげてください。
   そうすると お姉ちゃんに注いだ愛情が下の子に流れていきます。
   このような愛情の循環で仲の良い姉妹になっていきますよ。


    ご依頼など

講演の講師依頼は電話で受け付けます。
TEL 03*5754*3785(イーナイヨー  ミンナハイ)
    03*5754*3786(イーナイヨー  ミンナハロー)(FAX&TEL)
    大田家庭教育研究所宛にお願いします。 

    大田家庭教育研究所